読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突撃命令

doa5lr ヒトミ

ティー・カウ・コーン

 

ザックを使い始めてもう一ヶ月半くらい経った。まだ一ヶ月半しか経ってないがそれでもヒトミに影響が出ているらしく

「並みのヒトミレベルやな」

「ヒトミ下手」

「腕落ちてるぞ」

などありがたい言葉を頂きまくり僕は本当に自信が無くなりそうです^p^

 

 

ザックの良いところはかなり見えてきたし、ヒトミの良いところも分かってきた。別れてから良さを感じるなんてごめんねヒトミちゃん。

 

 

まずヒトミの足の速さ。これマジで強かったと思う。レイファンの6Tから、各種ホールドからなど、66TのOHが当たらない距離まで下がれる。下がった後に前ステから投げや風塵(236P)などでダメージがとれる。

ヒトミ中距離からある程度のダメージが取れて中距離にいる意味があった。

 

それに対しザックはレイファンの択から逃れられない。足が遅いからである。ほとんどのキャラにあるスラントはないが強力なシャガステ技を持ちOH一点読みなら色々なことは出来るが66Pと66Tの択に付き合うしかない。

 

 

レイファン戦自信あったと思ったらヒトミが拒否しやすかっただけだったわ...ティナ戦も同様に拒否できないんだろうなと思うと怖くなってきた。

 

 

ザックは中距離が弱い。スカ確をどうしようかなーとか悩む選択肢すらない。無い。起き技はあるもののリーチが短く難しい。

自分の中距離戦の未熟さを痛感する。キャノンストライク下さい。

 

PPからの択が色々あるので使い分けつつ本命の投げやCHを狙って...が理想かな。まだクリティカル継続がスムーズに行けないので練習しかない。ある連携をホールドされても延々と繰り返すのもダメ。柔軟に動かなければ。ここだけはヒトミで培った経験が活きるはず。

 

 

 

 

 

ザックの33P浮かしが高いことに気付いた。たぶんこれ強い。中段P浮かしがザックは214P.33P.3P+Kとまあ大体3種類ある。6PPや33PPとかもあるけど置いとく。

 

C1は33P。PPPKが中量級まで入る。

 

C2は214P。7P4>PP6KK中量級まで入る。

 

C3は3P+K。ダッキングPP6P4>6P+Kが入る。3P+Kはホールドされても対策されてなければある程度被弾を抑えられる。吹っ飛び距離が1mなので壁には当たらないが壁が近い距離ならPP6P4>PPPKが入り一番美味しい浮かし技となる。

 

 

 

6PPの即浮かしが対応されにくく取ってくる人も本当に一部しかいないので甘えてる。癖になってるかもしれないので怖い。

 

 

 

 

 

さ、レベルアップのためにゲーセン行って穴行って強くなろう。